コラーゲンが美容に良いことは、女性でしたら誰でも知っていること。多くの女性はコラーゲンを摂取するのも、やはり美容を考えての事でしょう。しかしコラーゲンは美容に良いだけではありません。

コラーゲンは健康面でもなくてはならない大事な成分なのです。コラーゲンは骨の強化・関節を守る役目をしてくれます。骨というとカルシウムが大切ですが、コラーゲンも骨には欠かせない成分です。

コラーゲンには細胞をくっつける役目をしてくれます。カルシウムをいくら沢山摂取しても、コラーゲンが無ければカルシウムが骨に密着できなくなり、弱い骨になってしまうのです。

コラーゲン&カルシウムを一緒に摂ることにより骨が強化されることを覚えておきましょう。そして関節についても、コラーゲンは大切な役割をしています。関節痛と聞くと、「グルコサミン」がまず頭に浮かぶでしょう。

しかし関節を守ってくれている「軟骨」の成分は、ほとんどコラーゲンからできているのです。コラーゲンを摂取することにより、骨を保護してくれ関節痛を暖和させてくれるのです。コラーゲンは細胞をくっつける働きがあるので、細胞のあらゆる隙間を埋めてくれます。

この働きにより、外からのウィルスが体内に侵入するのも防いでくれます。この効果により、風邪のひきにくい丈夫な身体にしてくれます。このようにコラーゲンは、私たち人間にとってなくてはならない成分なのです。